女性の身近な存在

国産も海外産も価格に大きな差がないからやっぱり国産プラセンタ

プラセンタというのは、動物の胎盤から有効成分を抽出したものです。
主に牛や豚・馬・羊などの胎盤を使っており、使用した際の副作用の危険もありません。
プラセンタの詳しい原料http://www.genesis-path.com/

今では日本でも生産され、扱われています。しかし、元は海外から輸入されていたものでした。
昔からヨーロッパなどでは、家畜として牛や豚・馬・羊などをたくさん飼育されていました。
その関係で古くから海外でプラセンタが生産され、輸入されるようになりました。

その後、日本で輸入されたプラセンタを製品化し、販売しました。すると、化粧品などの美肌効果によって需要が高まりました。
近年は日本においても原料となる家畜の飼育も容易になりました。
それと同時に成分の抽出技術も向上し、国内でのプラセンタの生産も増加しています。
プラセンタの価格も当初は、国産品は海外産と比べると割高でした。
ですが、生産量が大幅に増えたことでコストも下がりました。現在は、海外産と同等の価格になっています。

そのような現状を踏まえると、品質の面において管理の目が行き届きにくい海外産の製品よりも管理をしっかりと出来る国産のプラセンタの方がより安心・安全ということが言えます。
やはり、品質を第一優先に考えていくことが大切ですね。
プラセンタの安全性についてはこちら http://www.dukeswesthollywood.com/

プラセンタを服用していると献血を断られる場合があります。これはプラセンタが危険であるというわけではありません。病人やけが人に輸血する際、他の成分が少しでも血液に含まれていると危険性があるとされるからです。これについてはこちらに詳しく説明されていました。
http://www.frontlinesgame.com/

このページの先頭へ